藤沢市ピアノ教室 どれみほピアノ教室

 

 

「ピアノがうまくなりたい」「幼稚園の先生みたいにピアノが弾けるようになりたい」という夢や希望があり、お教室の体験レッスンをうける方が多いです。

ピアノ始めると、音譜を五線譜でどう読んでいくか。鍵盤でドの音がどの場所にあるか。指の番号を覚えたり、「この音はなん音でしょう」と音当てをしたり。

ワークブックを使って実際に音譜を書いていったり。

楽譜を見て、読んで、鍵盤で音を出す。。。までに色んな練習が必要になります。

レッスンの中身は盛りだくさん!

集中力も個人差があるので、生徒さんの性格に合わせてレッスンを行っています。

数回レッスンを行っているうちに、だんだんと打ち解けて

幼稚園や小学校のなどであったことなどを自ら話してくれたりします。

お家でもなかなか話しづらいことなどを話してアドバイスして、翌週元気な顔をみると安心します。

ピアノの先生って、不思議なものでピアノだけではなく、打ち解けて悩んでいることを話してくれるので

聞いてあげるだけでも安心して表情になってくれると嬉しいです。

プライベートレッスンの1対1、これは本当によいことだと思います。

 

高学年になると学校の合唱伴奏のピアニストで選ばれることも多いと思います。

レッスンでは普段の教材のほかに、合唱曲などの指導もしています。

自信をつけて学校の全体練習に臨めるようになります。

合唱ピアニストに選ばれた自信が、またピアノをさらに好きになるきっかけにもなります。

 

ただ弾けるだけのピアノではなく、綺麗な音をだせるピアニスト、感情豊かなピアニストなど

個性豊かな小さなピアニストがたくさん生まれますように!

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

 


ピアノをスタートする時期

ピアノをスタートするきっかけは

さまざまです。  

「幼稚園の先生みたいに弾けるようになりたいな」とか「コンサートで

すごく感動した」とか「友達がかっこよく弾いていた」とか。

ワクワクっときた時や、自分も弾けるようになってみたいと思った時が

スタートする扉を開く時です。

保護者の方で「ピアノや音楽には無知だけど、子供には始めさせたい」と

思っていらっしゃる方もいらっしゃいます。 自分自身が音楽をあまり知らなくても

大丈夫かと不安をお持ちの方は多くいらっしゃることでしょう。

でも、大丈夫です。

ピアノ個人レッスンはプライベートレッスンなので、その生徒さんに

合わせて指導することができます。

その生徒さんは何が苦手であるか、どんなことがわかってないか?など

先生は生徒さんと1対1でレッスンしていればわかるのです。

わたしのピアノ教室では、生徒さんと先生の2人レッスンで行なっています。

レッスン終了後にお母様やお父様と話すことはありますが、基本1対1です。

3歳児さんでもです。

レッスンで習ったことをお家で復習してきてもらい、ワークブックなども宿題に

だしたりして、レッスンの日以外でも音譜に触れる機会が多くなるように考えています。

ピアノは集中力がとても必要になるので、しっかりと身につきます。

お話ししている時、ピアノを弾いている時の切り替えはすごいものです。

大人になっても社会に出ても、ピアノが役にたったなと思うことがたくさんあると思います。

音楽大好きな生徒さんがたくさんたくさん増えてほしいなっと

いつも願っています。

 

 

どれみほピアノ教室

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


レッスンの後の一息



学校でのピアノ伴奏、積極的に

 

 

学校で合唱曲を演奏するため、ピアノ伴奏を募集しますね。

その時は、積極的に立候補してください!

経験とその曲に向けて練習した日々は、財産になるのです。

恥ずかしいことでもなんでもないので、ぜひぜひ積極的に取り組んでみてください。

 

どれみほピアノ教室では、レッスンでお手伝いしています!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


ピアノ教室でのレッスン



どれみほピアノ教室の発表会は9月に行われます。  どんな曲がいいかな?とか 初めての発表会だから連弾も取り入れてみようか、など生徒さんに合った曲やチャレンジしてほしい曲などをすすめています❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽

ドッチボールで右手を骨折してしまったA君。1か月休会するか迷っていましたが、左手だけでもしっかりと練習をしたほうが良いという事になり、テーピングしながらも通ってくれています。 ピアノをお休みすると、せっかくの習慣が崩れてしまうので、左手だけでも動かして練習時間をとることは、とても大切だと思います。

☆::::::::::::::::::::::::::::::::::☆*:;;;:*☆::::::::::::::::::::::::::::::

レッスンでは指の形や、読譜など、かなりしつこく生徒さんに伝えています(笑)

指の形は、なんでそんなに大切なの?と聞かれますが、色んな理由があるけれども1番わかりやすい例を目の前で見せる事にしています。 速度のあるパッセージを弾くときは、指はこの形だとうまくいかない!こうすれば、はやく弾けるのよ! と実際に音に出して伝えています。





インスタはじめました ピアノ教室


Instagram、はじめました。


doremihopiano  で検索してみてくださいね(^^)





どれみほピアノ教室・・・ピアノの練習

 

生徒の保護者様から「練習になみがありすぎて、困っています」「好きな曲だけ弾いています」

などとメッセージをいただくことがあります。

1週間のうちレッスン日は1回。残りの6日間でどのように練習をすればよいでしょうか。

レッスンの時に学んだことは、その時は理解しても忘れてしまいます。

あたまで理解していても実践が大事なので、やはり練習は必要です。

新学期も1ヶ月以上すぎ、だいぶ生活の流れがつかめてきた頃だと思いますので、

1日少しの時間でもピアノにむかってみましょう。短い時間であれば

苦手だなと思うところを取り出して練習することです。

必ず練習すればするほど上手くなっていきます。

お勉強や他の習い事など忙しくしているなかで、練習時間を少しとることを

習慣にすればよいのです。

ピアノが楽しい!っと感じる時って、練習していた効果がでて弾けるようになった時じゃないかな。

音よみが速くなったり、色々と変化が出てくるはずです。

 

好きな曲だけ弾いているということは、ある程度弾けるようになっている曲だからだと思います。

弾けるようになるまで、その好きな曲を練習しているのですよね。

それもとても大事なことです。

好きな曲と同時に新しく宿題に出された曲も、ゆっくりと練習していければよいなと思います。

そのことは、レッスンの中でピアノ講師が生徒さんのテンションをあげていったり、

お話していくことが大切だと思っています。

 

 

 

 

 


梅雨入りしたような雨


大雨が続いていますね。

朝の雷にはびっくりしました。

雨の日は憂鬱になりやすいですが、こんな日こそ運動したり、ピアノに夢中になったり、お出かけしたりすると すっきりすることがよくあります。

雨の日だからこそ、色々と挑戦してみましょう


中学受験を目指しながらもピアノも続ける

中学受験しながらも、受験の月1か月だけ休会してら続けてきた生徒さん、います。ピアノのレッスンの時間は息抜きになる!と話してくれたことが嬉しかったです。

家での時間の使い方が上手なのかなと思いまさ。塾では何時間も拘束されているので、その集中力はピアノをとおして育ってきたものでもあると思います。

一度やめてしまうと、なかなか復帰が難しく、気づいた頃には音譜が読めなくなっていた(笑)なんてことになってしまうので、ピアノはながくながく続けていってほしいと思います。


可愛いお土産


思わず、笑ってしまいました。

すごく嬉しい





| 1/73PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

教室ホームページ

selected entries

categories

archives

search this site.

mobile

qrcode